三種類の特定名酒

吟醸酒

精米歩合六十%以上の白米と米こうじ及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料として吟味して造ったお酒で、固有の香味及び色沢が良好なものです。

純米酒

精米歩合七十%以下の白米と米こうじ及び水だけを原料として造ったお酒で、香味及び色沢が良好なものです。文字どおり、お米だけで造られたお酒です。

本醸造酒

精米歩合七十%以下の白米、米こうじ、醸造アルコール及び水を原料として造ったお酒で、香味及び色沢が良好なものです。

生酒、生貯蔵酒、樽酒

このほかに日本酒は、製造上の特徴から
・生酒 製成後、一切加熱処理をしないお酒
・生貯蔵酒 製成後、加熱処理をしないで貯蔵し、出荷の際に加熱処理するお酒
・樽酒 木製の樽で貯蔵し、木香のついたお酒
などがあります。

ラベルを読んでみよう

ではお手元の日本酒のラベルを見てください。銘柄のほかに、原材料、製造年月、アルコール分などが記されています。また前述したように、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、生酒、生貯蔵酒などの表示。さらに広く愛飲されているものについては、各メーカー独自のランク付けとして、例えば、特選、上選、佳選などの表示をしているものもあります。これらを参考にすれば、そのお酒がどんなお酒であるかががわかります。

ですから、日本酒を選ぶときには、まずラベルをじっくり見ることから始めるのがいいでしょう。

またラベルに、日本酒度、酸度を表示しているものも少なくありません。