清酒の製法品質表示基準

■特定名称の清酒の表示吟醸酒、純米酒、本醸造酒を特定名称の清酒といい、原料、製造方法などの違いによって8種類に分類されます。
それぞれ所定の要件に該当するものにその名称を表示することができます。

特定名称

使用原料

精米歩合

香味等の要件

吟醸酒

米、米こうじ
醸造アルコール

60%以下

吟醸造り
固有の香味、色沢が良好

大吟醸酒

米、米こうじ
醸造アルコール

60%以下

吟醸造り
固有の香味、色沢が特に良好

純米酒

米、米こうじ

70%以下

香味、色沢が良好

純米吟醸酒

米、米こうじ

60%以下

吟醸造り
固有の香味、色沢が良好

純米大吟醸酒

米、米こうじ

50%以下

吟醸造り
固有の香味、色沢が特に良好

特別純米酒

米、米こうじ

60%以下又は特別な
製造方法(用説明表示)

香味、色沢が特に良好

本醸造酒

米、米こうじ

醸造アルコール

70%以下

香味、色沢が良好

特別本醸造酒

米、米こうじ
醸造アルコール

60%以下又は特別な
製造方法(用説明表示)

香味、色沢が特に良好

■精米歩合とは白米の玄米に対する重量の割合をいいます。
精米歩合60%というときには、玄米の表層部を40%削り取ることをいいます。
■吟醸造りとは特別に吟味して醸造することをいい、伝統的には、よりよく精米した白米を低温でゆっくり発行させ、かすの割合を高くして特別な芳香[吟香](ぎんか)を有するように醸造することをいいます。
■醸造アルコールとはでんぷん質物や含糖質物から醸造されたアルコールをいいます。
もろみにアルコールを適量添加すると、香りが高く、「スッキリした味」となります。